フロン排出抑制法対応
Compliant with the Freon Emission Control Law

フロン排出抑制法対応

フロン排出抑制法とは

2015年4月に施行された「フロン排出抑制法」により、有資格者によるフロンガス漏えい点検が義務化されました。
これにより店舗やビル用のエアコン、業務用の冷蔵庫などの第一種特定製品の管理者(ユーザー様)の取り組みが必要となりました。

点検対象機器

【 第一種特定製品 】冷媒としてフロン類が充填されている機器
業務用空調機器
パッケージエアコン、チラー、ガスヒートポンプエアコン、ターボ冷凍機、スポットエアコン、除湿機など
業務用冷凍・冷蔵機器
コンデンシングユニット、ヒートポンプ給湯機、冷凍・冷蔵ショーケース、冷凍・冷蔵庫、冷凍・冷蔵装置など

管理者(ユーザー様)の責務

機器の点検
漏洩の対処
記録の保管
算定漏洩量の報告
簡易点検
全ての第一種特定製品
定期点検
第一種特定製品のうち、一定規模以上の業務用機器
フロン類の漏洩が見つかった場合、専門業者に修理、フロンの充填を依頼しなければなりません。
機器の点検、修理、冷媒の充填、回収の履歴は機器を設置してから廃棄するまで保存しなければなりません。
漏洩量が1年間に1,000CO2トン以上の場合、国に報告義務があります。
機器の点検
簡易点検
全ての第一種特定製品
定期点検
第一種特定製品のうち、一定規模以上の業務用機器
漏洩の対処
フロン類の漏洩が見つかった場合、専門業者に修理、フロンの充填を依頼しなければなりません。
記録の保管
機器の点検、修理、冷媒の充填、回収の履歴は機器を設置してから廃棄するまで保存しなければなりません。
算定漏洩量の報告
漏洩量が1年間に1,000CO2トン以上の場合、国に報告義務があります。

機器の点検について

対象機器
圧縮機定格出力
点検頻度
点検内容
簡易点検
フロン類を使用する業務用空調機器
3ヶ月に1回以上
<目視確認>
機器の異常、振動、外観の損傷、腐食錆、熱交換器の霜付き等の有無確認。確認事項を点検記録簿に記載保管。
定期点検
(有資格者が実施)
空調機器
7.5kW〜50kW未満
3年に1回以上
<目視確認>
・機器運転状況を実測確認、点検記録簿に記載保管する
・フロンガスの漏洩有無を確認、点検記録簿に記載保管する
50kW以上
1年に1回以上
冷凍冷蔵機器
7.5kW以上
1年に1回以上

罰則について

点検や漏えい時の対応を怠ったり、フロン類をみだりに放出した場合は罰則を受けることがあります。
機器の使用・廃棄等に関する義務について都道府県知事の命令に違反した場合、50万円以下の罰金
算定漏えい量の未報告・虚偽報告の場合、10万円以下の罰金
フロン類をみだりに放出した場合、一年以下の懲役または50万円以下

よくある質問

法律が施行されたのは、いつですか?

2015年4月からです。

何という法律の名称ですか?

フロン排出抑制法です。

罰則はありますか?

1年以下の懲役又は50万円以下の罰金等の罰則があります。
詳しくは経産省又は環境省のホームページをご参照ください。

法律施行の目的は何ですか?

地球温暖化とオゾン層破壊の原因となるフロン類(空調機器に利用される 冷媒ガス)の排出抑制のためです。

フロン排出抑制法の対象となる機器はどのようなものですか?

対象は冷媒としてフロン類を使用している業務用エアコン・冷凍機・冷蔵機   です。家庭用に使用されているエアコン・冷凍庫・冷蔵庫は対象になりません。家庭用は家電リサイクル法が適用されます。

点検義務内容の詳細は?

詳細は、お気軽に当社にお問い合わせください。

対応地域

関西エリア

CONTACT


ビル・マンション・商業施設・一般住宅などの様々な建物の日常清掃・定期清掃・空調清掃・設備点検のご依頼はこちらから



【大阪本社】tel.06-6616-9427
【神戸営業所】tel.078-262-1977


清掃事業対応エリア
【大阪市内】北区 都島区 福島区 此花区 中央区 西区 港区 大正区 天王寺区 浪速区 西淀川区 淀川区 東淀川区 東成区 生野区
       旭区 城東区 鶴見区 阿倍野区 住之江区 住吉区 東住吉区 平野区 西成区
【大阪府下全域】豊中市 吹田市 摂津市 枚方市 寝屋川市 守口市 門真市 東大阪市 堺市 松原市
【兵庫県全域】神戸市 尼崎市 伊丹市

建築設備検査・防火設備検査・特定建築物定期調査事業対応エリア
【関西全域】大阪・兵庫・奈良・京都・滋賀・三重
【その他エリア】全国対応可能(要相談)