改正フロン法対応 簡易点検
Simple inspection for revised Freon law

すべての機器ユーザーの皆様へ

1.背景

業務用冷凍空調機器に使用されている「冷媒」の多くはフロンガスですが、現在使用されているフロン類の多くは、代替フロンと言って、「オゾン層を破壊しない」ものに転換されています。
しかし、その代替フロンは、大気に放出するとCO2の数千倍もの「地球温暖化」に与える影響が大きく、排出削減が喫緊の課題となっています。
そこで、平成25年6月12日、「フロン回収破壊法」が改正されました。この改正では、「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」(略称:改正フロン法)と名称を変更し、『できるだけフロン類を使用しない製品を製造し、使用しよう』、『フロン類を使用している製品については、排出をしないようきちっと管理をしよう』ということになりました。
この改正フロン法では、フロン類の製造から廃棄までの「ライフサイクル」全体を見据えた包括的な対策が盛り込まれており、フロン類を製造する「フロンメーカー」、フロン類を使用する冷凍空調機器を製造する「機器メーカー」、そして、フロン類が使用されている業務用冷凍空調機器を使用している「機器ユーザー」に、国が「判断の基準」を定め、各当事者にその遵守を求めるものとなっています。

2.「簡易点検」について

管理者の「判断の基準」では、全ての機器ユーザーに対して、使用する全ての業務用冷凍空調機器について日常的に行う「簡易点検」を四半期に1回以上行うよう定めています。この「日常点検(簡易点検)」は、機器ユーザーが自ら実施することが求められています(専門業者に依頼してもよい)。また、以下のとおり、一定規模(7.5kW)以上の機器について、専門業者などの十分な知見を有する者による「定期点検」も定められています。
点検を行う前に、まず自社にある業務用冷凍空調機器について、どのような機器を使用しているか確認しましょう。

簡易点検

機種
点検頻度
全ての業務用冷凍空調機器
四半期に1回以上

定期点検

機種
圧縮樹電動機定格出力
点検頻度
エアコン
7.5kW以上50kW未満
3年に1回以上
50kW以上
1年に1回以上
冷凍・冷蔵庫
7.5kW以上
1年に1回以上
*)その他、エンジンを用意て圧縮機を行動させるGHP(ガスヒートポンプ)などの製品も対象となりますので、機器メーカーや専門業者に確認してください。

「機器ユーザー」が、「簡易点検」を実施するにあたっては、基本的に「目視による外観点検」を実施することになります。
この手引きは、そうした機器の構造などに知識のない機器ユーザーであっても理解しやすく工夫したものとなっており、改正フロン法で求められている「簡易点検」を行う上でのポイントを紹介しています。もちろん、「簡易点検」を実施するにあたり、当初は、設備業者、保守・メンテナンス業者などの専門業者によるアドバイスを受けながら実施されることが望ましいです。

3.手引きの内容

この手引きは、機器ユーザーの方々による日常的に実施する「漏えい防止」のための「簡易点検の方法」を記載しており、フロン類漏えいの「早期発見」を行い、少しでも「地球温暖化防止」に寄与することを目的としています。「II」以降に、「簡易点検」の方法について、具体的に示していきます。
注意
●機器ユーザーの皆様に実施していただく「簡易点検」は、原則「目視」による点検であり、「安全で容易に目視ができる場合」に限定しております。安全や機器の維持が確保できない場合は、専門業者による点検を実施していただくことになります。

●また、この手引きに記載している点検頻度は、「推奨」頻度であり、必ずしもその範囲で実施していただく必要はありませんが、フロンの「漏えい」や機器の「異常」をより早期に発見するためには、有効な頻度です。点検は、各店舗、事業所の使用状況、使用環境に合った頻度で実施してください。機器メーカーや専門業者と相談しながら実施することが望ましいです。

簡易点検(漏えいチェック)の方法

ビル用マルチエアコン

オフィスビルや店舗にはさまざまなエアコンがあります。
ここでは、その代表的なビル用マルチエアコンと店舗用パッケージエアコンのフロン漏えいに対する機器ユーザーの皆様が実施する簡易点検について説明します。
その他のエアコンについても、ほぼ同様の点検が必要となります。不明な点は、設備業者や保守・メンテナンス業者などの専門業者にお問い合わせください。
点検項目
推奨点検頻度
室外機点検
・機器の異常振動・異常運転音
(安全で容易に点検出来る場合)
1回/日以上
・機器及び機器周辺の油のにじみ
(安全で容易に目視が出来る場合)
・機器のキズの有無、熱交換器の腐食、錆びなど
(安全で容易に目視が出来る場合)
室内機点検
・熱交換器の箱付きの有無(安全で容易に目視が出来る場合)
1回/日以上
また、「冷えが悪くなった」「エアコンがきかなくなった」などの状況になりましたら、これらの点検を行うとともに専門業者にお問い合わせください。
●点検頻度について
機器の異常を早期に発見するためには、日頃からの点検が必要です。「判断の基準」では必要最低限の頻度として四半期に一度以上の点検を求めていますが、この手引きでは「推奨点検頻度」としてそれぞれの頻度を記載しています。簡易点検を行うために推奨点検頻度で専門業者による点検を依頼する必要はありません。機器の使用状況などにあった頻度で簡易点検を行っていただき、必要に応じて専門業者に点検を依頼してください。
(1)室外機の異常振動・異常運転音(安全で容易に目視点検できる場合)
室外機の振動や運転音がいつもと違うかどうか確認してください。
いつもと違う場合は、専門業者に連絡してください。
注意
●室外機が容易に見られる場合は点検してください。
●防護柵のない屋上などにある場合は、危険ですので点検はしないでください。(専門業者に点検を依頼してください)
●室外機の外板を外さないでください。
ポイント
●異常な振動や音を早期に発見するには、日常の正常な振動や音を把握する必要があります。
そのため、日頃から点検することをお勧めします。
(2)室外機及び周辺の油のにじみ(安全で容易に目視点検できる場合)
室外機の外観や熱交換器に油のにじみがないかどうか点検してください。また、室外機の下など周辺にも油のにじみがないかどうか確認してください。油のにじみを発見した時は、専門業者に連絡してください。
注意
●室外機が容易に見られる場合は点検してください。
●防護柵のない屋上などにある場合は、危険ですので専門業者に点検を依頼してください。
●室外機の外板を外さないでください。
ポイント
●常に、室外機周辺の掃除を心がけることで、油のにじみなどを早期に発見できます。
(3)室外機のキズの有無、熱交換器の腐食、錆など(安全で容易に目視点検できる場合)
室外機の外観や熱交換器にキズや錆がないか確認してください。
室外機の熱交換器に腐食や錆などがないか確認してください。キズや腐食などを発見した時は、専門業者に連絡してください。
注意
●室外機が容易に見られる場合は点検してください。
●室外機のカバー(外板)のネジをはずさないと、熱交換器が見られない場合は、専門業者に点検を依頼してください。
ポイント
●室外機だけなく、配管が容易に見られるような場合は、配管の腐食などの劣化状況を確認してください。
●室外機にゴミが付着したり、草がからまったりしていたら、取り除いてください。日頃の清掃を心がけることで、キズや腐食などを早期に発見できます。
●室外機周辺に物を置くと通風が悪くなり、異常停止してしまう場合がありますので、物を置かないでください。

CONTACT


ビル・マンション・商業施設・一般住宅などの様々な建物の日常清掃・定期清掃・空調清掃・設備点検のご依頼はこちらから



【大阪本社】tel.06-6616-9427
【神戸営業所】tel.078-262-1977


清掃事業対応エリア
【大阪市内】北区 都島区 福島区 此花区 中央区 西区 港区 大正区 天王寺区 浪速区 西淀川区 淀川区 東淀川区 東成区 生野区
       旭区 城東区 鶴見区 阿倍野区 住之江区 住吉区 東住吉区 平野区 西成区
【大阪府下全域】豊中市 吹田市 摂津市 枚方市 寝屋川市 守口市 門真市 東大阪市 堺市 松原市
【兵庫県全域】神戸市 尼崎市 伊丹市

建築設備検査・防火設備検査・特定建築物定期調査事業対応エリア
【関西全域】大阪・兵庫・奈良・京都・滋賀・三重
【その他エリア】全国対応可能(要相談)